育毛の売れ筋どころ トップ4

育毛の基本は頭皮環境にあり!

 頭皮環境は、育毛に密接な関係があります。
頭皮が脂性になってテカリぎみ、髪が脂っぽい、頭皮の乾燥でかゆくなったりするというお悩みの方が多々いると思います。
皮脂は、頭皮から毎日でているもので、それが普通な状態です。
ただし、出すぎた皮脂がホコリや汚れなどと一緒に硬くなってしまって、毛穴が詰まったり(角詰)すると、頭皮トラブルの原因にもなります。
そうなると、ヘアサイクルの周期も正常に機能しなくなってしまう可能性があります。同様に、頭皮の痒みも頭皮の環境の悪化によるものです。
これら頭皮トラブルの原因が積み重なって、普通ならば、生えて、抜けて、生えてと新しい髪に生まれ変わりながら、育っていく髪の毛が、育つ前に抜け落ちてしまい、最終的に薄毛になってしまうのです。
だから、頭皮を清潔に保つこと、頭皮ケアはとても重要です。
 頭皮の皮脂、汚れは、きちんと洗い流しましょう。ただし、落としすぎてもいけません。
 また、頭皮をシャンプーで洗うときは、「夜に洗う」ことが重要です。 できるだけ、就寝前に洗う方がいいといわれています。
なぜなら、夜寝ているときが一番、代謝が活発になって、皮脂が多く分泌されます。そのため、前の日の皮脂が残っていたままの場合やその日の汚れと混じって、硬くなった皮脂が、そのまま頭皮に残ったままの状態になるため、毛穴つまりの原因になりかねません。
「朝のシャンプ―」ではなく、夜洗いましょう。
 また、髪の毛の洗い過ぎは、逆に悪影響を及ぼします。
抜け毛、薄毛の原因のひとつになっているのが、「洗浄力の高いシャンプーによる洗いすぎ」です。
特に、脂性の男性の方はよく洗うことを心がけると思います。できるだけ、頭皮の脂を落としておきたいという理由から、洗浄力の高いシャンプーを利用する人が多いのではないでしょうか。女性だと、朝もシャンプー、夜もシャンプーといったこともあるでしょう。 でも、頭皮の皮脂は、ある程度必要なもので、毛穴からバイキンの進入を防ぐ役割も担っています。 だから、洗いすぎも皮脂が過剰に分泌するという結果にもなりますの注意が必要です。
また、皮脂がなくなると、地肌が乾燥しますので、乾燥した地肌はトラブル肌になりやすく、フケやかゆみの原因となってしまいます。 そうなると、薄毛の原因になる可能性があります。
このように、頭皮環境は、髪の毛の成長に密接に関わっていますので、育毛には、頭皮環境の改善が最も重要な対策になるのです。


トップページ | 育毛の基本は頭皮環境にあり | 運営者情報・免責事項 | 相互リンク依頼・お問い合わせ |